tanofarm’s diary

長野の自然豊かな土地で低農薬、除草剤不使用を貫く長芋作りするブログ

三角の畑??

みなさん、こんにちは!きょうは4月19日(月)です。

桜の花が散って緑の葉が出てきました。いよいよ春さかりです。

しかし、気になるのは遅霜です。10日ほど前に霜が降り、畑のアルストロメリアの芽が全て枯れてしまいました。それにもめげずに今は新しい芽が出てきています。植物って強いですねー。

長芋の準備ですが、長芋畑に埋めてあった長芋を3月末に全て掘り出し、種芋の分を確保し、残りを業者さんに買い取ってもらいました。種芋用の長芋は、家の物置に毛布をかぶせ保管しています。5月になったら畑に移動し、種芋に切って干します。

さて、今回のお題は、「三角の畑」です。

普通、畑の形は四角形ですよね。うちの畑の1枚が、なぜか三角形なのです。直角定規のように三つの角が90°、60°、30°なのです。広さは300㎡(約91坪)です。

なぜ、三角形なのか。それは、30年以上前になります。父母が農業を頑張っていた時代です。私は会社勤めで忙しく、子供も3人目が生まれた頃でした。その畑は、もちろん長方形で広さは1,400㎡(約420坪)ほどありました。川幅数メートルの川沿いに、南北に長い畑です。作物は「大麦」「りんご」「桑」「玉ねぎ」と、時代とともに変わってました。そして、父が孫にと、ぶどうの「巨峰」の苗を4本その畑に植えました。その翌年です。その畑に高速道路が通ることになったのです。上信越自動車道です。しかし、残念なことに、斜めに通過したことでわずかに畑が残ってしまいました。それが、三角の畑です。南北に長い畑に、高速道路が北北東から南南西に通過したことで、右下の部分が三角に残ったということです。

三角の畑は、耕運がしづらいし、畝幅を決めにくいし、東側が高速道路で10m位高く、朝陽が当たらず作物も育ちにくいです。作物は、90°の角は「わらび」があります。母が山から根を持ち帰り植えたのですが、今は、30㎡ほどに広がっています。60°の角には鉄骨の物置があります。長芋の支柱や唐箕(とうみ)、古いトラクターなどを置いています。その隣に「梅」の木があります。直径40cm。30°の角には「枝垂桜」を数年前に植え、結構いい花が咲き、今は散り始めです。残りのところに、「菊」や「ひまわり」を植えています。

上で、この畑は川幅数メートルの川沿いにあると書きましたが、その川の名がびっくりです。「神田川」です。読みも「かんだがわ」です。そうです、東京の「神田川」というより大ヒットした歌の題名と同じなのです。ただ、イントネーションが違います。東京は「だ」にイントネーションがありますが、こちらは、イントネーションが無く、たいらに発音します。

もう一つ。上で、父が孫のためにぶどうの苗を4本植えた翌年に高速が通った、と書きましたが、国の土地の買い上げの時に「苗」も買い上げの対象となり、1本4万円で、16万円になりました。ひょろひょろの苗が16万!?父のご満悦の顔が今でも浮かびます。

話が脱線しましたが、今回はこの辺で終わります。

次回は長芋の種作りのお話になると思います。

それでは、また。

 

私の野菜作り あれこれ その2

みなさん こんにちは!

きょうは、3月8日(月)です。朝晩の冷え込みが少なくなり、春間近です。

さて、今回は、「栗」のことをメインに書きます。

栗といえば小布施ですね。長野市の北西にある小布施町。栗で全国的に有名になり、栗ご飯、栗おこわ、マロンケーキなど目当てに、栗の収穫期の秋は特に観光客で混みあっています。

栗ですが、分類としては、「野菜」でもないし、「果物」でもないですよね。「果実」でいいのでしょうか。知っている人がいたら教えてください。

私の畑にも栗の木が1本だけあります。その栗の木ですが、結構大きくなって、高さが6,7mあり、実も毎年40kgくらい収穫していました。うちの栗は結構大きいようで、知人にあげると評判が良いです。幹は太いところで直径が50cmくらいあります。枝が横方向にも広がり、日立のコマーシャルソングの「このーきなんのききになるきー・・・」に出てくる木のようなバランスの良い形でした。市内新聞に載せたいとカメラマンが写真を撮りにきたことがあります。

この畑は、千曲川の堤防の川側のすぐ下にあります。ということは、そうです。一昨年の台風19号の洪水で3mくらい浸かりました。近くの果樹(栗、杏、桃、プルーンなど)が根こそぎ甚大な被害を受けましたが、わが栗の木は幸運にも抜けもせず傾きもせずにすみました。その代わり、上流側で抜けた樹木や大きなゴミがうちの栗の木にたくさん引っ掛かってしまいました。その木やゴミを除去するのがたいへんでした。ある程度、乾いてからでないと手が付けられません。結局、片付けが終わったのは約1か月半後でした。流れてきた大きな木やゴミが引っ掛かったことで、下の方の多くの枝がもぎ取られてしまい、枝の量が半分くらいになってしまいました。それでも昨年は栗の実が結構でき、30kgくらい収穫できました。今、枝は少しずつ伸びていますが、元どおりになるのは3~4年かかるでしょう。

ところで、栗の花はご存知でしょうか。長さが10cmくらいで直径5mmくらいのヒモ状で細かいヒゲが無数に生えており、色は薄黄色で結構きれいですよ。臭いは独特なきつい臭いです。6月ごろ花が咲きますが、その花が散って落ちると、大量なので地面に敷き詰めたようになり土が見えないくらいです。

栗の実は9月ごろ収穫できます。実はご存知のように、ウニのように「いが」の中にあり、「いが」が割れて、実だけが落ちる物もありますが、半数は「いが」ごと落ちます。その場合は、「いが」を靴で抑え、BBQのときに使うハサミで実を取り出します。土が多少付着しますので、水洗いして乾燥させて、人にあげたりします。

甚大な被害を出した台風19号に打ち勝った我が家の栗の木、今後も大事につきあっていきたいと思います。栗は割と手がかかりません。6月と8月に殺虫剤の消毒をする以外は何もしてません。剪定をすべきとの言われもあるようですがしてません。

さて、野菜のことですが、前回書いたように、芽キャベツ、ふきのとうを収穫しました。芽キャベツは味噌汁の具に、ふきのとうはフキみそにして食べました。うまかったですよ。また、スナップえんどう、ほうれん草の種まきをしました。じゃが芋の種植えの前準備を始めます。長芋掘りも少し残っています。20日ころまでには掘り取り完了予定です。

それでは、また。

 

私の野菜作り あれこれ

みなさん、こんにちは!

きょうは、2月27日(土)です。寒い一日でした。

今日の報告は、私が作っている野菜のあれこれです。

もちろん、長芋がメインですが、他にも様々な野菜を作っているんですよ。(前にも書いたかもしれませんが・・・。)

昨年の10月に入院したことは、ここで報告済みですが、その入院の後半、健康を取り戻すと、日中ヒマをもてあまします。そこで、最近、作っている野菜の種類を書き上げてみました。

じゃが芋、ほうれん草、野沢菜、菜花、ねぎ、玉ねぎ、大豆、青じそ、赤じそ、かぶ、大根、ブロッコリー、きゅうり、なす、ピーマン、オクラ・・・・

全部で48種類ありました。結構、多いですかね。

ところで、昨年、初めて作った野菜があります。「芽キャベツ」です。次男に勧められて作ったのですが、出来はいまいちです。今も少しずつ食べています。どうも、出来始めたら、下の半分くらいの葉をカットしなければいけなかったようです。何でもそうですが、最初からうまくはいきませんよね。

さて、明日、種まきしようとしてる野菜があります。「スナップえんどう」です。以前は年内に種まきをしていたのですが、ここ2,3年は春蒔きしており、うまくいっています。

また、「ふきのとう」が採れ頃です。そろそろ収穫します。「フキみそ」が楽しみです。

それと、「じゃが芋」の種植えが3月末ころですが、その前準備として、作付け場所を決め、「モミガラ」「元肥」「牛糞」をまいて、耕運をしておかなければなりません。

これから陽気がよくなり、農作業が忙しくなります。楽しみも増えます。

きょうは、これまでとします。

次回も、野菜あれこれ その2 としたいと思います。畑に「栗」の木もありますよ。ご期待ください。

何か質問があればお寄せください。

では、また。

体への負担が小さい長芋の掘り方

みなさん、こんにちは!

きょうは、令和3年1月8日です。年が明けて早くも8日目です。コロナ禍で明けた新年ですが、感染防止対策を十分行なって注意して生活しましょう。

さて、今回は、前回約束した「長芋の掘り方」です。

今や、ほとんどの長芋栽培者はバックホー(パワーショベル)で掘っています。昔ながらの「手掘り」はほとんど見かけません。私は、お金が無いし、後継者もいないことから高額な機械は購入できず「手掘り」です。また、昨年から長芋を作付け始めた畑は、機械が入らない畑です。前も書いたかもしれませんが、その畑は、千曲川の堤防の川側のすぐ下にあり、その畑の川側はすぐに川原になっており、農道も側道も坂道もありません。よって、軽トラは堤防の上に止め、堤防を歩いて降りたり登ったりするしかありません。掘った長芋は堤防の上にある軽トラまで手で持って持ち上げています。年々体力はなくなるし、結構大変です。

さて、本題の「体への負担が小さい長芋の掘り方」です。「土」って案外重いんです。それを何時間も継続するわけですから、体への負担は大きいです。そこで、私の両親から教わった掘り方が省エネだと思いますので紹介します。

ふつう、畝毎に1畝ずつ掘っていきますが、この場合、掘った土は自分のほぼ真後ろへ移動させます。(土を自分の横に置いていく方法もありますが、後でその土を掘った溝に戻すことになります。)この、自分の後ろに土を約180度移動させるのが重労働なのです。当然その時には腰をひねることになりそれを何時間も継続するので、腰をはじめ、体への負担が増大します。これに対し、2畝同時に掘っていく方法があり、ここで紹介するのがこの方法です。えっ、2畝同時に?と思うでしょうが、案外、体が楽なのです。畝と畝の間隔は約90cmです。畝間に体を置き、居場所を深さ30cmくらい深くし、片側の長芋を3~4本ずつ掘っていきます。この時、掘った土の移動は真後ろではなく90度くらい横ですみます。移動方向も右にも左にもできます。居場所も30cm深くすることで、腰の折り角度も少なくて済み腰への負担軽減になります。居場所の畝間を30cm深くすることが「無駄」と思うでしょうが、その分の土が軟らかくなるため、来年以降に作る長芋の形が良くなることが期待できる上、掘る作業も楽になります。

以上ですが、体にやさしい掘り方を分かっていただけたでしょうか。作業内容を文章だけで説明するのは難しいですね。

次回ですが、近況報告(長芋関係だけでなく)をしたいと思います。

また、この私の報告に対するご意見やコメントをください。

それでは、また。

長芋掘り用スコップの紹介

f:id:tanofarm:20201214162550j:plain

みなさん、こんにちは!

きょうは、12月14日です。

前回の約束どおり、今回は長芋掘り用のスコップを紹介します。

上の写真を見てください。左側がその長芋掘り用のスコップです。右側は普通のスコップです。

形状を比べてみますと、違いは柄の長さだけです。先の金属部分や手元の三角部分は同じです。全長は長芋用が約125cm、普通のが約95cmで、長芋用は普通の物より30cm長いのです。なぜ長いかは分かりますよね。そうです、長芋は長いからです。長芋は長い物で130cmくらいありますので、95cmでは掘りづらいですよね。95cmで掘るには、自分の立ち位置を深くしなければならず、それには大きく深い穴を掘る必要があります。つまり土をたくさん移動しなければならないわけです。それでは疲れて大変だということで、柄の長いスコップができたわけです。柄の長いスコップですが、一般では売られていないようです。需要が無いからでしょうか。このあたりでは、普通に売られています。価格は高く2倍近いです。製造数が少ないからでしょう。

さて、写真を良くみてください。長さのほかに二つ違いがあります。分かりますか?ヒントは「太さ」です。一つは分かりましたよね。そうです。三角の部分の横棒です。長芋用が細いですよね。少し波を打っていますが。もちろん、購入時は同じ太さでした。使用することで摩耗したのです。スコップの使い方ですが、私は左利きなので、左手でこの横棒を持ちます。長芋掘りでは、スコップを土に突き刺す時が最も大きな力が必要です。それで利き手の左手で横棒に力を入れるのです。さらに写真を良く見てください。右側の付け根に向かって太くなっているのが分かりますか?これは、小指が当たる部分です。小指にはどうしても力が入らないので、摩耗も少ない、というわけです。そして、もう一か所ですが、柄の中間より少し先の部分の太さを良くみてください。分かりづらいかもしれませんが、そのあたりだけ少し細くなっています。分かりました?この部分は、右手で持つ部分です。穴の中の土をすくい上げるときには、主に右手の力が必要です。すくった土を空けるとき右手を滑らすのでわずかですが摩耗します。こうして、作業をするとスコップの柄は摩耗して細くなっていきます。このあたりの土には、わずかですが砂が混じっているので、軍手に付いた土の中の砂が摩耗を促進させるのでしょう。ちなみに、この長芋用のスコップは4年目です。写真の普通のスコップは、30年以上使っています。親父の時代からです。たまにしか使わないからでしょうが、柄の摩耗はほとんどありません。

それと、土を載せる平たい金属の部分を見てください。光っていますよね。私は使用後は必ず土をきれいに落としますが、上でも書きましたが、このあたりの土には砂が混ざっているので、使用時にその砂が研磨剤の役目を果たし、わずかの錆は落としてくれるのです。びっしり錆びたスコップをよく見かけますが、スコップは、一度、錆らせると錆を落とすのが難しいです。

さて、きょうの報告は、以上です。

次回は、掘り方の説明をしたいと思います。ご期待ください。

それでは、また。

残念!長芋は変形ばかり

みなさん、こんにちは。

きょうは、11月10日です。長芋の掘り取りを始めました。長芋の出来ですが残念ながら変形ばかりです。11月3日から掘り始めたのですが、土の表面から50~60cmは柔らかいのですが、そこから急に硬くなり、スコップの先が入りにくくなくなります。スコップが入らない土ですので、長芋も硬い所になれば、そこから平べったくなったり曲がったり枝別れしたり変形して、とても売物にならないばかりか来年の種にもなりません。困りました。変形の状態は説明するよりも写真を載せれば分かりやすいのですがちょっと恥ずかしいです。

場所によっては違うのではないかと思い別の畝を掘ってみましたがほぼ同じでした。

掘るに時間がかかる上、体力も消耗しますし、物にもならず三重苦です。今日まで約100本掘りましたが、物になるのは5本だけでした。残念!

今年作付けした長芋の畑は、以前も書きましたが、約30年間農業の経験が無い人に貸していて、家庭菜園程度に使っていました。3年前にその人が亡くなり私が管理することになりました。貸す前は、私の両親が長芋を作っていました。それで昨年初めて20本ほど長芋を作ってみたのですが、台風19号で冠水しましたものの今年ほど悪い出来ではなかったと思います。ですので本格的に長芋を作付けしたのは今年が初めてです。しかし、よく考えてみたら、昨年の台風19号千曲川が氾濫して、この畑も表面の土を20cmくらい削られ流されたのです。ですので地下の硬い層も20cmほど浅くなったわけです。長芋の長さは80~90cmですので、先端の20cmが硬い土になるわけです。

あー、掘っていても掘り甲斐が無く疲れるばかりです。出るのはため息ばかりです。

ところで、このスコップですが長芋の掘り取り用は特別だということをご存知ですか?実は、一般のスコップより長さが1.5倍くらい長いのです。柄の長さだけが長く、他は一緒です。この辺のホームセンターや農協で普通に売られています。価格は約2倍以上します。次回、比較写真を掲載したいと思います。

長芋も良い物が出るように期待します。

それでは次回にご期待ください。

新型コロナウイルスに感染?

みなさん、こんにちは。

きょうは、10月23日です。実は、きょうは私達夫婦の結婚記念日なのです。38年目です。(私の年齢がわかってしまいそう)同居している三男が近くの回転ずし店からテイクアウトのお寿司を夕食でごちそうしてくれます。ありがたいかぎりです。

さて、このところは、めっきり涼しくなり、寒いくらいの日もあります。400本ほど植え付けた長芋ですが、見た目は順調に成長しており、葉が少し黄色になってきているものもあります。あと10日くらいで掘り取りを始めます。前にも書きましたが、この畑は長芋を初めて本格的に栽培した畑です。よって、どんな長芋ができているか心配しています。数日したら試し掘りをしようと思っています。

実は、先日、高熱が出て息苦しく咳も少し出て、よもやコロナでは?!!本当に心配しました。数日間悪寒や震えが続き体温は平熱だったので熱い風呂に入って寝たのですが、翌朝体調が少しおかしいなと思い体温を測ると37.4℃。えっと思って1時間後に測ると38.4℃に上がっていました。これはやばい!すぐに保健所に電話し症状を話すと近くの病院の内科で診察を受けるよう言われました。近くの総合病院に電話して診察を受けました。もちろん、PCR検査も受けました。もう頭の中は「コロナ」だけです。ただ、コロナは味覚障害や嗅覚障害が起こりますが、それらは全く起こっていませんでしたので、わずかな望みがありました。PCRの結果は翌日だと言われ帰宅しました。その夜は、体温がなんと40℃ちょうどでした。頭が割れるように痛く体がだるく、全く眠れません。翌日、PCR検査の結果は「陰性」と連絡がありました。ほっとはしましたが、ではこの原因は何?。病院からは原因が判らないので入院を勧められました。迷いましたが、高熱が気になり、入院しました。その夜はなんと40.2℃の熱が出ました。これまでの人生で38℃以上の熱の経験は無かったので、担当医に思わず聞いてしまいました。「こんな高熱が出て、人体の組織や神経がどうかなりませんか?」答えは「今、大丈夫ですから」でした。なんとも意外な答えにさらに悶々としました。相変わらず激頭痛が継続し、熱にうなされて見る夢にはこの世のものとは思えない変な景色が出てきました。翌朝、病名が判明し「レジオネラ肺炎」とのこと。感染症の第4類に登録されており、保健所に報告する義務がある感染症であり、人から人への伝染は無いとのこと。発症数は少ない(当病院で年に一人程度)ものの、中には重症化し亡くなる場合もあるとのこと。驚かされましたが、治療に専念するしかありません。部屋は最初は一般病棟の個室でしたが、病名が判明すると簡易的な集中治療室に移されました。抗生物質、解熱剤、鎮痛剤を投与され、3日後には平熱となり、あれほど痛かった頭痛もピタリとなくなりました、再び一般病棟に戻り、11日後、退院しました。

いやー、人生には色々なことが起こります。やせ我慢せずに早め早めに対処することが肝要と今回はつくずく思いました。みなさんもお気を付けください。

では、きょうはこの辺で。次回は、長芋の試し掘りの結果を報告できると思います。

また読んでくださいね。